私鉄総連
 現在のページ : ホーム > 私鉄総連に入ろう
ホーム
私鉄総連の紹介
ニュース
私鉄総連に入ろう
 
ツアーバスの実態
構成組織一覧
リンク集
傘下組織活動応援 がんばれ!!沖交労琉球バス組合 ダイジェスト版 沖交労 琉球バス組合応援隊
派遣法見直しキャンペーンサイト
連合エコライフ21
連合エコライフ21の環境家計簿で節電!
私鉄総連に入ろう

私鉄総連に入ろう ― 目次 ―


一人でも泣いているものがないように。 働く人たちが安心できる情報の提供や支えあいのネットワーク

イメージ
イメージ

春闘

ゆとり、豊かさを求め、生活に必要な賃金の引き上げのため、すべての組織が統一の要求書、回答指定日などを設定し、取り組んでいます。統一的な対応を行う相乗効果で交渉力を高め、成果を上げています。

秋闘

安心して働ける職場環境をつくるには、労働条件の改善が不可欠です。また法改正に対応するためにも、定期的な点検と改訂が必要です。2年に一度、統一的に労働協約の見直しに取り組んでいます。

政策活動

生活と雇用を守るため公共交通改善への取り組みは欠かせません。また、社会保障の充実など働く者が安心して暮らせる社会の実現のため、制度政策要求を労働組合の主要な取り組みとして取り組んでいます。

組織対策・強化

組合への弾圧や差別的な行為に対し、私鉄総連として「対策委員会」を設置。組合員の皆さんを守るために、あらゆる方策を講じています。

共済

生活の安定と、もしもの時のための備えの観点から、私鉄総連では全労済・労働金庫とタイアップしながら各種共済やローンの充実に取り組んでいます。また、災害時の見舞金や義捐金、カンパ活動など13万人のスケールメリットを活かした組合員の支え合いの活動に取り組んでいます。

情報・調査・交流など

労使交渉に必要な資料や情報の提供、法律対策などに取り組んでいます。また、これらの理解を深めるため学習会や、討論集会、交流会などを積極的に開催しています。また機関紙「私鉄新聞」を月2回発行。全組合に送っています。

広がる働く者の連帯

日本最大の労働団体である「連合」(約700万人)に加盟し、交通運輸や観光などの産業に働く仲間と「交運労協」(約80万人)を結成、スケールメリットを活かし、働く者の権利の充実に向け、力を合わせ活動しています。


Q&A

Q
「私鉄総連に入れるのは鉄道やバスだけなの」
A
主な業種としては、鉄道・バス・タクシーですが、現在も関連する様々な業種の働く人が加盟しています。私鉄総連は、他の業種でも充実したサポートがはかれるよう取り組んでいます。
 
Q
「中小・零細企業なので経営や労使関係が心配」
A
労働相談でよくある質問ですが、中小・零細企業であるからこそ、労働組合の活動が重要となります。経営が苦しいからと言って、法令や基準を無視して営業し、大きな事故や労働災害につながっては何もなりませんし、企業の存続そのものが危ぶまれます。労働組合の活動には健全な経営にもつながります。そのために私鉄総連や全国の各地方連合会(地方本部)が、法令や政策、労働条件に関する情報やノウハウを提供しています。また、学習会や交流会を積極的に開催しています。働く者がいきいきと、健康に働ける環境こそが企業の活性化にもつながります。
 
Q
「組合というと選挙のイメージがありますが」
A
選挙ばかり取り組んでいるわけではありません。労働組合の活動のほんの一部です。しかし、働く者の雇用や生活を守るためには、政策要求の実現は不可欠です。また、労使では解決できない課題も多くあります。そのため、私たち働く者の意見を議会で反映する代表を国会や地方議会に送るため、選挙も大切な取り組みとなります。現在、衆参国会議員111人、地方議員102人が私鉄総連と連携して活動しています。これらの議員と連携をしながら、全国の各地域で、みなさんの悩みにお応えします。
 
Q
「若い人が組合活動に参加せず、活動が停滞しているが」
A
青年女性協議会という組織を通じて、企業や地域の枠を越えて、学習や交流を行っています。全国の同世代の仲間と交流を持つことで共感することも多く、青年や女性など組合活動に経験の浅い人たちにも、組合活動が自分たちの身近な問題として感じられるように努力しています。
 
Q
「オール歩合賃金(B型賃金)だから労働組合は必要ないのでは」
A
タクシーで最近増えている賃金体系ですが、付帯する労働条件を改善することは大きな課題です。雇用と生活の安定のためにも労働条件の充実が不可欠です。
 
Q
「私鉄総連に加盟すれば、すぐに労働条件が良くなるのですか」
A
労働条件の改善は、長い時間をかけ少しずつ積み上げてきたものです。健全な労使関係を築きながら、少しずつでも改善することがのぞましいといえます。しかし、明らかに法令を無視した就業規則の是正や、現在の職場で課題となっていることなど、ポイントを絞れば早期の改善が可能といえます。私鉄総連には多くの加盟組合が長い歴史のなかで、積み上げてきた、膨大な労働協約の資料や、具体的なたたかいの経験、加盟組合の基本的な労働条件の具体例があります。私鉄総連に加盟することで、これらの情報や資料を共有し、たたかいながら学ぶことができます。
 
Q
「組合費は高いの?」
A
13万人のスケールメリットを活かし、組合員一人ひとりの負担は最小限に抑えながら、全国規模の大きな運動・活動を取り組んでいます。組合費が決して高くないと感じるほどの、活発な活動を心がけ、活動したいと思っています。しかし、各地域によって役員の配置のし方などで若干の差があります。まずは、お住まい、もしくは勤務先の最寄の私鉄総連各地方連合会(地方本部)事務所までお問い合わせ下さい。
 
宮里邦雄顧問弁護士 宮里邦雄顧問弁護士
顧問弁護士が、各組合の法的問題解決をサポートします。
「長年にわたって働く者の権利の確立と発展を願って弁護士活動をしてきました。働くものの雇用・労働条件、そして生活が脅かされていますが、顧問弁護士として、組合の団結の維持・強化・組合員の生活と権利を守るためにお役に立ちたいと思います。」

お近くの私たちの仲間にぜひご相談ください。組織一覧へ

新しい仲間からのメッセージ

NEW 守谷昌浩 関東地連京浜急行バス労組委員長

関東地連京浜急行バス労組
■加盟の決意

 京急バス労組は、9月6日の京急労組第73回定期大会をもって、64年間続いた京急労組自動車支部から分離した組合です。
 翌7日に結成大会を開き、京急バス労組として新たに組合を立ち上げました。
 2003年、京急電鉄自動車部社員は全員、京急バスに出向となり、組合は当時、組織改革はせず活動・運営を行ってきました。
 その後、バス組合員は、京急バスに転籍。転籍を機に組織改革を行い、労働条件や賃金などの交渉を移譲する形態を確立しました。
 バス労組では、京急バスによる直採者が増え、転籍者と直採者との権利部分の格差が問題となったこと、近い将来、転籍者より直採者が増えて組合活動をしていくことから京急バス労組を立ち上げました。
 ご指導、ご鞭撻を賜り、組合活動をがんばります。


NEW 野口薫 中部地連三交タクシー労組委員長

中部地連三交タクシー労組
■加盟の決意

 三交タクシー労組は2007年9月1日、三組合の合併協定を締結し、三重県全域で活動している組織。
 産別加盟を決断した契機は、東日本大震災で私鉄総連と各地連の結束力、迅速な対応を見た時から。震災翌日には、生活備品を現地に輸送する手続きをとり、組合員と家族に届け、被災者への人的支援、組織力を発揮したカンパ、組合員の被災状況把握に務め、即座に対応し、全国に配信する力に目を見張りました。
 当組合も微弱ながら「協力したい」と感じました。
 これからは私鉄の仲間として互助精神を持ち、組織発展に寄与すべく、がんばっていきます。


坪内稔 関東地連新座観光バス労組委員長

関東地連新座観光バス労組
■加盟の動機

 私鉄総連加盟の承認をいただき、感謝したい。関東地連、埼玉県私鉄など多くの方のおかげで今日を迎えることができた。東日本大震災以降、私たちは、休業補償や二人乗務の賃金体系見直しなどで、不安な日々を送ってきた。会社は、私たちの話に耳を傾けることもなく一方的に話を進め、会社の思うようになっているのが現状である。そのため私たちは、一致団結して組合を立ち上げることを決意した。

■加盟の決意

 動き始めたばかりであるが組合員一同、力をあわせて家族と仲間を守り、職場を守るためにがんばっていく。皆さんのご支援、ご指導をお願いしたい。


星野一光 私鉄沖縄西表島交通労組委員長

私鉄沖縄西表島交通労組
■加盟の動機・決意

 西表島は、日本最南端の竹富町(人口約四千人)の中にある人口約二千人の島である。私たちは、西表島で交通・観光・流通を中心に事業を展開している西表島交通で働いており従業員数は約百十人、組合員数は現在九人である。労組結成は三十二年前。私鉄沖縄県連の尽力で、私鉄総連に加盟することができ感謝している。西表島では、本土復帰後、観光を取り巻く状況が厳しく会社は、路線バスの廃止も打ち出しているが、産別加盟を機に組織拡大、会社の建て直しに努力していきたい。ご指導を、よろしくお願いしたい。


高村清則 関越交通労働組合委員長

関越交通労働組合
■加盟の決意

 私鉄総連へ加盟の承認をいただき、御礼申し上げる。また、私鉄総連第七十七回定期大会では、関越交通バスの利用をいただき、感謝する。関東地連、両毛ブロック、東武労組の皆さんに助けられ、ここまでこれた。最初は小さな組合だったが、だんだんと労働組合らしくなり、本日、私鉄総連へ加盟することができた。これから、一つひとつ勉強していくので、よろしくお願い申し上げる。


鈴木広幸 日立電鉄バス労働組合委員長

日立電鉄バス労働組合
■加盟の決意

 日立電鉄バス労働合は、結成から九年を迎える。日立電鉄には、日立電鉄労働組合があったが、分社化でなくなった。その後、労働条件が悪化。私たちは今一度、労働組合を立て直し、私鉄総連加盟を果たそうと仲間が結集し、日立電鉄バス労働組合を立ち上げてきた。組合員は、私を含めて、以前は日立電鉄労組にいたものも多い。日立電鉄バス労組を仲間と共に立ち上げから九年の組合経験を活かし、私鉄総連加盟をバネに、活発な活動を行っていく。


白水伸一 私鉄北海道銀嶺バス支部執行委員長

私鉄北海道銀嶺バス支部
■加盟の動機

 私鉄北海道本部のご指導の下、先の第三回中央委員会において私鉄総連への加盟が承認され、心より感謝の意を表したいと思います。
 銀嶺バス(株)は、札幌市内に所在しておりましたが、バス事業部は四月十九日をもって、グループ会社である北都交通バス事業部がある北広島市に移転となりました。
 この事業部移転を機に、組合も執行部を一新することになりました。同時に、上部団体加盟をめざすことを決め、同じグループの北都バス支部が加盟する私鉄総連に加盟し組合活動を前進させていくこととしました。

■加盟の決意

 北海道においても、観光産業を取り巻く事業環境は厳しく、とりわけ貸切バス事業については、大型バス一台当たりの貸切バス運賃は全国でも最低の水準にあります。
 職場の課題は山積していますが、執行部を先頭に組合員が一丸となり、私鉄総連と私鉄北海道のご指導とご鞭撻を承りながら、生活と雇用、労働条件の向上をめざすことを決意しているところであります。


田島利晴 東京ハイタク労連執行委員長

東京ハイタク労連
■加盟の動機

 東京ハイタク労連は、07年11月の第34回臨時大会で、「需給調整規制=強制減車」と「同一地域・同一運賃」を目指す「新しい規制」を実現するため、東京独自の産別組織として行動する事を決定し、3年間行動してきました。
 タクシー産業は、「公共交通機関」としての変革が問われています。その重要な一歩が、「タクシー事業法」と「交通基本法」を成立させる事です。その為にも全国のハイタク労働者と連携するためには全国的組織力が必要であり、運動ができる産別でなければ前進はありません。私たちは2010年11月に開催した第37回定期大会で、ハイタク組織がある全国産別組織の私鉄総連への加盟を決議しました。

■加盟の決意

 私鉄東京ハイタク労連の政策要求の柱は、第1に大幅な減車を行い地域に見合った「適正台数=需給調整」と「同一地域・同一運賃」の実現、第2は公共交通機関としての責任を持ち合わせない悪質事業者の退陣と悪質乗務員の登録抹消を目指します。
 私鉄総連の一員として、公共交通機関にふさわしいタクシー産業への変革と、ハイタク労働者の賃金・労働条件の改善と社会的地位の向上を目指していく決意です。


三ツ村秀樹 岐阜乗合自動車労組執行委員長

岐阜乗合自動車労組
■加盟の動機

 今日まで、中部地連のご指導の下で活動してきました。皆さんは、明るく楽しく、頼りがいがあります。本日、お陰様で、私鉄総連への本加盟を果たすことができました。
 岐阜乗合自動車(株)は1943年に設立され、岐阜県の県庁所在地であります岐阜市を中心にした地域を営業エリアにしています。本来であれば、もっと早く私鉄総連に加盟するべきでありましたが、なかなか決断ができず、これまで企業連の中で活動してきました。

■加盟の決意
 岐阜市内では、名鉄バスと市営バス・路面電車の移管を受け一元化されたことから、公共交通を担う責任の重さと使命が私鉄総連加盟を後押しする形となりました。今後は、私鉄の仲間として、お互いに助け合い、バス事業の活性化に向けて頑張りたいと決意しているところです。

藤上雄二郎 私鉄中国エイチ・ディ-西広島支部委員長

私鉄中国エイチ・ディ-西広島支部
■加盟の動機

 私鉄総連の加盟の承認ありがとうございました。
 エイチ・ディ-西広島(株)は、広島電鉄の子会社で、1999年4月に広島電鉄の一部路線を営業譲渡される形で営業を開始しました。これまでは労働組合はなく、個別に労働条件の向上を訴えてきましたが、さほど改善されることもなく、本年9月5日労働組合の結成を決断しました。

■加盟の決意
 経営側は、何事につけ「景気が悪いから」として、労働条件の引き下げにつなげようとしています。組合結成と私鉄総連加盟を契機に、組合員が一致団結し、労働者の権利を守り、安心して働ける職場作りを目指していく所存です。



組合員ページログイン